Photo : デイジー・リドリー


ご覧のグラビアが掲載のGlamour UK版の新年2016年1月号のインタビューで、「スター・ウォーズ : ザ・フォース・アウェイクンズ」の撮影の初日を振り返り…、



石のように固まって、ガチガチに緊張し、今にもパニック障害を起こさんばかりの状態だったことで、J・J・エイブラムス監督から演技が能面の無表情との指摘を受けてしまい、思わず泣きそうになって、呼吸ができず、もう、この場ですぐに死んでしまいたい…!!と、悲惨だったのが、自分にとっての「スター・ウォーズ」初体験だったことを語ってくれたデイジー・リドリーです!!、まったく無名の新人が生まれて初めて、映画に起用されたデビュー作が、全世界で猛烈に注目の「スター・ウォーズ」の新作なんだから、当たり前ですね…!!、そんな圧倒的なプレッシャーに耐えて、デイジーがガンバッた初主演作「エピソード7」は、来月12月18日から全世界で同時に公開です…!!


Popular Posts Top 10

RANDOM POSTS

HEADLINES from CIA